あがり症の自分の、初回授業の切り抜け方「今度こそ解決編」

前々回の記事で、

僕が初回授業で緊張する理由を確認しました。


要は、

初対面の受講生が多すぎることと、

その初対面の受講生がよってたかって怒ったような表情でこっちを見てくる

から、緊張するわけです。

この原因を何とかすれば、僕は初回授業でも緊張せずに済むわけです。





さて、僕が授業する教室は大体こんな感じの場所↓

45569a00381b46e27123675e8696bd0c_s.jpg





上から見ると、こんな感じ↓

教室071201

(〇は学生)




で、僕の目線から見ると、こう↓

教室にらまれ



こ、こわい・・・怒らないで( ;∀;)


しつこいかもしれませんが、こんな状況です。初回授業って。





この状況で何かを話すのって、かなり辛いです。




さて、

学生達が真剣な表情でなく、

ニコニコしていれば

僕もある程度緊張せずに話ができる(はず)です。



つまりこんな感じ↓

教室笑顔


うん、こんな感じだったら緊張せずに話せそうですね(^^)

どうすれば、学生がこんな感じの表情になってくれるのか・・・。







そこで小話スキルが非常に重要になってくるわけです。


学生にウケの良い話をして、学生を笑わせる。

そうすることで、学生達の表情が柔らかくなり、

僕も緊張しなくなる。





お笑い用語?で言えば、「つかみが大事」ってことです。














と、いうのは非常によくわかるんです



そもそもが

教室にらまれ


このように睨まれている(ように見える)状態だと緊張しているわけで。

緊張している状況でジョークなんて言えるわけない


なんとか頑張って無理に絞り出したジョークなんて、面白くないですしね。

寒いだけで、学生はさらに白けて、悪循環です( ;∀;)










さて、ここまでで

「いやいや、そりゃ授業の最初は学生も緊張してるんだから、講師の自分たちがまず何か面白い話で学生の緊張を和らげるのは当然でしょ。それが講師の腕の見せどころやないか!!甘えんな!」

って思った先生は、あがり症じゃない先生です(笑)

You are a born teacher か a born performer か a born entertainer. ですよ。




こちとら緊張して話ができないっつってんのに

ジョークでクラスを和ませるとかできるわけないでしょ!

そこんとこよろしくお願いします。

(誰に言っているのか)





というわけで、

学生達の表情を緩ませるために面白い話をする

という案は、却下
です。

そんなんできる人は、そもそも授業で緊張するとかいう悩みもないはずです。





じゃあどうすればいいのか、というのを今から考えてみましょう。





初回授業のクラス。

学生達の視線を図で表すとこんな感じ↓

教室視線


恐いですね。学生の視線を講師がまとめて引き受けてしまっています。

針のむしろ。

緊張するなと言う方が無理。

じゃあ、この視線をなんとかすればいいわけです。




「視線をなんとかする」ということが以下の解決策の根本にある考えです。



「視線をなんとかする」という方向性さえ間違えなければなんでもいいわけですが、僕が初回授業でやっていることは、

1.パワポ(もしくは書画カメラ)を使う
2.プリント(もしくはテキスト)を使う
3.ペアワーク(もしくはグループワーク)を入れる


これらの組み合わせです。






パワポで何かの資料を学生に見せると、学生の視線はこうなります。

教室視線黒板

(黒板のところがスクリーンだと思ってください)

もう、視線を一手に引き受けなくてもよくなります。


パワポを使うと、学生の注意の対象が講師から一気に外れ、スクリーンに移動します。

僕が話していてもかなりの学生の視線はスクリーンに集中します。

これは僕が話しながらパワポをどんどん動かすからです。

スクリーンを見ていないと話についてこれないような形で授業を進めるわけです。

これはかなり気に入っている方法です。

パワポと言いましたが、実際に僕がよく使うのは「書画カメラ」と言われるものが多いです。

手元の資料をスクリーンに投影できる機能です。
(小学校で使うOHPみたいなやつです)

いい大学にはこういうのがあります。




スクリーンがない大学はどうすればいいのか。

黒板に何かを書いても、同じ効果(学生の視線の分散)は得られるのですが、

あがり症なので、

黒板に文字を書く手が震えてしまいます。

だから、黒板に何かを書くということはしません。無理( ;∀;)






そこで使うのが、プリントです。

「苦手な自己紹介の切り抜け方」でも紹介した通り、

初回授業が始まったら長くても30秒くらいで自己紹介を切り上げます。

その後、いきなりプリントをやってもらいます。

プリントの内容は今後の記事で紹介していきますが、それはともかく、

プリントをすると学生の視線はこうなりますね。

教室視線プリント


こうなってしまえば、学生の視線は自分の机の上なので、僕も緊張する理由がありません。





さて、ペアワークやグループワークもよく入れます。


ペアワークの時の学生の視線

教室視線ペアワーク



グループワークの時の学生の視線

教室視線グループワーク
(水色の〇と△がグループ)

どちらも講師のほうに視線が来にくい形になります。



ペアワークの内容ですが、

初回授業なので、ペアやグループで自己紹介してもらったり、

プリントの答えを話し合ってもらったりと色々です。
(正直、あんまり内容は重要ではないです)




ペアワークやグループワークを入れると、学生の顔がほぼ間違いなく緩みます。




ペアワークが終わって、「はい、こっち見て~」と言うと、


教室笑顔


大体こんな感じになっています。
(学生がニコニコしはじめます)


これは、ペアワークをすると学生自身の緊張が取れるからです。

学生も、周りに知らない人ばっかりの初回授業は緊張していますからね。
(だから、怒ったような表情に見える)

学生同士横のつながりを作ることで、学生たちの顔も緩んで、講師である僕も話しやすくなるので、ペアワークは結構お気に入りです。




ではまとめ。

僕が初回授業を切り抜けるためにしていること

学生の視線を避けるために、

1.パワポ 2.プリント 3.ペアワーク

を授業始まってすぐに(遅くても3~5分以内に)行う





結構苦肉の策なんですが、今のところうまくいっています。


こうやって書くと普通にどんな先生でもやっていることだとは思うのですが、

僕の場合は「視線を避けるため」っていうのがポイントです。


「自分はあがり症だなぁ」と思っている方で、今後どこかで英語を教える方の参考になればと思います!
(なるのか?)



That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

あがり症の自分の、初回授業の切り抜け方「解決編」

この「初回授業の切り抜け方」シリーズ(?)、

今日こそは解決策を、書きます!





改めて見直してみると、

「初回の授業(自己紹介)で緊張しちゃうんですよ~」

なんて書き始めたのは、

2か月前(;゚Д゚)





今回、解決策をようやく書きますが、

ここに到達するまでに、まさかこんなに時間がかかるとは・・・



「自己紹介で緊張しちゃうんです」なんて書いてたのは、このブログを書き始めた頃でもあるんですよ。

ブログを始めたばかりでしたからね、

よ~し、毎日ブログ書いちゃうぞ~(^^)

なんて息巻いていた頃ですよ。




で、

次回はあがり症の僕がどうやって初回授業を切り抜けているかを、書きます!

なんて書いたのが5月13日の記事ですよ。






誰が予想できたでしょうか、




その後1か月以上ブログを放置するなんて・・・





僕自身そんな予定ではなかったわけです。

さっさと次の日とか、まあ遅くても1週間以内に、

「あがり症の僕は、こんな感じで初回授業切り抜けてま~す!新人の先生方の参考になれば幸いです!」

ってな感じで記事を書くはずだったんですよ。



でも結局色々ありまして、主に怠けてただけなんですけど、

色々忙しかったからブログの記事が書けなかったということにしておきましょう。




そして今日、


ついに、


どのように初回授業を切り抜けているのかの記事を、


結局2カ月越しで、


書く、


という、


運びになったわけです。




こう考えてみると感慨深いですねぇ。
(なにがか)










と、思ったんですけど、

無駄な前置きにスペースを使いまくってしまったので、

解決編は次回の記事で書きたいと思います。←おい





That’s all for today!!

こんな記事でも応援のクリック頂けるんですか( ;∀;) ありがとうございます!

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

あがり症の自分の、初回授業の切り抜け方「なぜ自分はあがるのか?」

今日は、僕が初回授業であがる理由を考えてみます。

初回授業であがってしまう理由=原因を特定すれば、

その原因を取り除くことで問題解決ができますからね。

さて、

初回授業であがってしまう原因のひとつはもちろん、

「人見知りで緊張しぃだから」です。

でもこの原因を取り除くことはできません(多分)。

性格を変えられるのであればこんなに苦労してませんしね。

この原因(=人見知りという性格)は、自分の内部のものです。

自分の内部は変えられませんから、外部の原因を探りましょう。




初回授業であがる外的な理由は、

1.多数の知らない人と同時に会う

2.初回授業は大体、学生の顔が険しい


この2点かな、と思います。



ちなみに、単発セミナーというのは大学での初回授業とほぼ同じ状態です。初回と言う意味で。

でも単発セミナーに関してはあまり緊張しないパターンもあります。

それは、セミナーに知り合いが多く参加している場合です。

今年の3月に菊池さんと行った「TOEIC 990 Academy」というセミナーでは、僕はほとんど緊張しませんでした。

それは、知り合いの方がたくさん参加して下さったからです。

あの状態(半分くらいは面識あり)で緊張するほどあがり症ではないようです。







この事実から、僕が初回授業で緊張してしまう理由は、

受講生の人数が多いからなのではなく、

初対面の人の数が多いから


だということが分かります。

30人クラスでも2回目、3回目以降の授業なら緊張しないですしね。

これは「初対面の受講生」がひとりもいなくなるからですね。







また、初回授業の時に「受講生の顔が険しい」というのは非常によくあることです。

学生たちは大体、こんな感じの表情↓で初回授業に参加しています。

fc3121f3e91f87948f08e175e140e569_s.jpg

fff7865d77d5e36d3fd42df79ebce9c8_s.jpg

なんか、ほんとに、怒ってるんじゃないかくらいの表情の学生が多いです( ;∀;)

いやほんとに。同業の方なら同意してくれると思うんですけど(笑)








こんな良い表情↓で初回授業を受けてくれる学生はいません、残念ながら。
b90df088f5d2fd52b3751c32e03eef76_s.jpg

11dd5d7c200869e36cbc47a4a14a8e2c_s.jpg


こんなニコニコした学生ばかりだったら僕もあがらないかもしれないんですけどね(笑)





でも、学生の表情が険しいことが悪いとは思っていません。

表情が険しい学生は、真面目に授業に参加しようと思っている場合がほとんどだからです。

初回授業では学生たちは

「授業についていけるのだろうか」

「先生の一言一句を聞き逃さないようにしよう」

「絶対TOEICの点数上げてやるぜ」

とか色々考えながら参加しています。

ニコニコする余裕が学生にないのは仕方がないんですよね。

顔が険しい学生というのはむしろ真面目な証拠なので、「もっと笑顔になってほしい」と責めるわけにはいきません(笑)





ただ、こういう表情↓の学生が、
fff7865d77d5e36d3fd42df79ebce9c8_s.jpg

30人同時に僕の方を見てくるというのも事実なわけです(笑)







テキトーですが、


教卓から見る景色は、こんな感じ↓です。
2017070901.png


こんな怒った表情の人がたくさん、同時に僕のほうを見てくるわけですよ。

これは緊張するなっていうのが無理な話です。




まあそんなわけで、僕が初回授業で緊張してしまう理由は、

1.初対面の受講生の数が多すぎる

2.学生の顔が険しすぎる

という2点です。

この2点を解決すれば、僕も緊張せずに授業ができます。


次回の記事では、これらを踏まえて僕が実際にやっている「初回授業の切り抜け方」を書きます。
(ようやく・・・)






That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

あがり症の自分の、初回授業の切り抜け方「現状の分析」

あがり症です。

ついでに人見知りです。


あがり症の先生って、結構いるんでしょうか。

僕の知り合いには、ぼちぼちいます。

先生たちのうちの半分くらいは、程度の差はあれ「あがり症」のような気がします。

あがり症ではない先生たちももちろんいますが、非常にうらやましい。




こういう話を友人の先生方と話すと、

おおよそこんな感じの会話になります。

ブル「僕まじであがり症なんですよ、初回の授業とか、やばいです。人見知りですし」

友「いやいや!ブル先生は大丈夫でしょ~。絶対あがり症じゃないわ!人見知りとかありえん(笑)そういう謙遜は逆にいやらしいよ~(笑)」

ブル「・・・」



こういうブログもやっていますし、あがり症で人見知りだということを信じてもらえません(笑)
(まぁ、信じてもらえなくても問題はないんですけど)


多くの友人の先生方が僕のことを人見知りだと認識していない理由は、

先生たちと初めて出会うとき、いつもお酒が入っている場だからです。


シラフの僕は結構人見知りです。







さて、僕がどれくらい人見知りであがり症なのか。

そんな情報いらね~、どうやって初回レッスンを切り抜けてるの?って思う方は今後の記事をお待ちください( ;∀;)


以下は色々な方からの証言。

1.英会話講師をはじめた時の生徒さん(当時大学生)が半年後に教えてくれた言葉

ブル先生、初回レッスンの時、汗かきすぎでしたよね。緊張が伝わってきました。


2.現在僕のところに通ってくださって、結構仲の良い生徒さんの言葉

ブル先生よくその人見知りで授業できますね。


3.非常によくしてもらっている先輩の先生のコメント

ブル先生って、初回レッスン相変わらずテンパるよね。


4.とある大学でのセミナー(2年ほど前)の後、大学の方(僕と仲がいい)に言われた言葉

あんなにあがっている人間、初めて見ました。
(自己弁護:セミナーアンケートの満足度は高かったので許して?もらえました)


5.先生グループで模擬レッスンをした時に、生徒役の先生がくれたコメント

ブル先生の手、震えてましたよね。
(これは結構最近。1年半前くらいです)



仲の良い方には分かるようです。
(というか、直接言ってくれるというか)



最近はさすがにあがり症であるとバレないように初回授業をできるようになりました。

が、決してあがり症を克服したわけではありません。
(人前で話す経験は少しずつ積んでいるので、多少あがりにくくはなってきた・・・かも)


やっぱり初回授業はとても緊張しますし、どうしてもあがってしまいます。
(生徒さんにはバレていないですが・・・いや、バレていないはず・・・バレてるのかしら)



どれくらい緊張しているのか。

結構最近、とある大学での初回授業を終えて次の日のことです。

「肩が痛いな~」と思ったので、整体に行ったんです。

見てもらった整体の先生に

ブルさん!肩ガッチガチですよ!どうしたんですか!?

って言われました( ;∀;)

その先生によると、

確かに緊張でも肩が凝ったりするけど、普通はここまでひどくはならない

授業中、緊張で無意識に歯を食いしばってるんじゃないか


と分析してくれました。

歯を食いしばると肩とか体の血行が悪くなって、肩や首がこりやすい

と教えてもらいました。
(詳しくはあまり覚えていませんので専門的なことはわかりませんが、要は「変なところに力が入ってるんだと思います。授業のときはもっとダラ~っとしたほうがいいいですよ」というようなことを言われました)


まぁ、それくらい緊張しぃです。

初回授業は自分の心臓の音も聞こえてきますし・・・。

絶対寿命を縮めている気がするので、

毎回初回授業のあとには「もう講師やめよう・・・」とか思うんですけど

2回目以降の授業は楽しいですし、やりがいもあるので続けています。







さて、今日は「現状の分析」までにしておきます。
(ただ自分があがりまっせ~ということを書いただけのような)



次回予告:なぜ自分は初回授業であがるのか?に焦点を当てます。
(問題の原因の分析)

そのまた次回予告:「どうすれば切り抜けられるのか?」に焦点をあてます。
(問題の解決法の提示)

※予告通りに記事を書くとは限りません。

That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

苦手な自己紹介の切り抜け方

いきなりですが、

自己紹介がめちゃくちゃ苦手です。



初めてのクラスを教える時に、非常に困ります。

ちなみに僕が大学で教えているクラスは、

10~20回くらいの特別コースであることが多いです。





学生に信頼してもらうためにも、

自分にはこのクラスを教える資格がある

ということをしっかりと分かってもらった方がいいと思うのです。



僕の場合ですけど、

例えばTOEICのクラスを教える時は

「TOEIC満点です」

とか、

「TOEIC本の執筆に携わっています」

澤トレ表紙
(これ↑とか)


だけもんL
(これ↑)

とか伝えた方がいいと思うんです。




そうすれば受講生の子たちも多分、

そんな点数取っているなら、話くらいは聞いてやろう

本に携わってるのか、じゃあ話くらいは聞いてやってもよかろう

くらいには思ってくれると思うんです。






やっぱり初めから学生さんに信頼してもらったほうがクラスはやりやすいですし。


でも・・・

これが、できないんですよ( ;∀;)




クラスがすごく小さくて、

例えば5人とかなら、距離感も近いので問題ないんです。

「ブル先生ってTOEIC何点なんですか?」

とか、さくっと聞いてもらえることがほとんどなので、

「あ、一応TOEICは満点です」

とか言えるわけです。


一応ってなんだよ一応って

と思われる危険性はありますけど。

とりあえず自分のことは知ってもらえるわけです。




ところが、30人とか教えていると、

いきなりそういう質問をされることはまずありません。

5~6回目くらいですかね、こういう質問が出るのが。


ほんとは、自己紹介の時にバチっと伝えておくといいのだと思います。

でも・・・できないんですよね~。

なんなんでしょうね。

僕が言うと、

すごく自慢っぽくなっちゃうんです。



そういうのを自慢っぽくなく、うまく伝えられたらなぁ、と思っています。




よく考えると、もともと自己紹介自体が苦手です。

初回クラスの自己紹介って、何を伝えたらいいの?

と思っているレベルです。



僕の自己紹介がうまくない結果、

実は、かなりの確率でこんなことが起こります。


20回くらいの授業を終えた後でも、

受講生の大半が僕の名前を知らない

みたいなことが。
(それを一緒に働いている先輩の先生に、よくネタにされる( ;∀;))



先生の名前なんて知らなくても、

授業中は「先生」って呼べばひとりしかいないので問題はない。

だからこのような現象が起こります。



僕の元受講生だった学生は、

僕がいない時に僕のことを

「TOEICを教えてくれた先生」

「メガネの先生」

と呼びます。マジで( ;∀;)

(メガネの先生は結構いるんだけどなぁ・・・)


なぜ僕の呼び名が分かるというと、大学の担当の方が

〇〇さんが、点数上がったからメガネの先生に感謝してるっていってましたよ!

ブル先生のことだと思います!

とか教えてくれるからです。



いや、全然いいんですよ。

ちゃんと英語力が上がって、点数にも現れているんですから。





というわけで、自己紹介、ほんと苦手です。



さて、じゃあその自己紹介、

どうやって僕が切り抜けているのか

を書きます。



それは・・・



自己紹介を30秒で切り上げること!!

(切り抜けていない・・・っ!!)








いやでもまあ、こう考えているんです。

自己紹介の目的のひとつは、学生に信頼してもらうこと。

学生に信頼してもらえるなら、逆に自己紹介はどうでもいい。

じゃあ初回で「おお!!」と思われるような授業をすればいいわけです。

まぁ、授業が良ければ、信頼はしてもらえますからね。

たとえ名前を覚えてくれなくても( ;∀;)




最近は少しずつ「TOEICは満点です」とかも言うようになってきてますけどね。

でも、それはものすごくサラっと。

こんな感じ↓

こんにちは。今日からこのクラスを教えるブルです。講師歴は9年。TOEICは満点持ってます。あ、あと愛知出身で大学時代は関西に住んでました。海外にも1年いました。みんなよろしくね~!(早口で)

所要時間、間違いなく30秒以内。いや、20秒くらいかも。


色々な方に

「もっとちゃんと自己紹介たほうがいいんじゃない?」

「生徒さんは先生のこともうちょっと知りたいと思うよ」

と言われます。

僕も、もうちょっとちゃんと自己紹介した方がいいと思います( ;∀;)




う~ん、でも苦手なんですよ・・・。


実際、これで悩んだときに、

「自己紹介で話すこと」みたいなウェブサイトや書籍も読んだりしました。

でもやっぱりできないんです。

人前に立つとあがっちゃって。



そんなこんなで話が少し戻りますが、

今のところ僕が実践している「自己紹介の切り抜け方」は、

自己紹介を敢えて短くして、授業をしっかりやる

ことです。




こうして書いてみると、

自己紹介が苦手なのが問題なのではなくて、

「あがり症」とか「人見知り」っていうことこそが大問題


ですね。

(講師としてそれは大丈夫なのか・・・)




次回は

「あがり症」で「人見知り」の僕が、どうやって初回授業を切り抜けているか

について書こうと思います!



That’s all for today!!


応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
職業:英語講師

TOEIC 990(40回以上)
TOEFLiBT 109
英検 1級

自身の英語塾で教えたり、企業や大学に派遣されたりしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク