FC2ブログ

受けたことない資格試験(TOEICなど)をそれっぽく教える方法

普段TOEICを教えていない先生でも、

先生、来週からTOEICクラスを教えてください!!

なんて言われることはありますね。




どうも、英語ができるならTOEICも教えることができるだろうと思っている人は多いようです。

TOEICだけでなく、英語ができるなら「英語系の資格はなんでも教えられる」と思われていますね。

いやまぁ実際、英語さえできればある程度どんな資格試験でも教えられるという側面はあります。


教わる側としても「英語ができる先生」に教わればいい、という認識の人がほとんどです。

「TOEICに詳しい講師希望」という人は少数派です。
(もちろん、「詳しい講師と詳しくない講師どちらに教わりたいですか」という質問をしたら、「詳しい講師に教えてほしい」という人ばかりでしょうけど。自分からそういう希望を出すほどの情報を持っている学習者が少数派、という意味です)


僕自身、何かを教わろうと思ったときに、「その道のプロに教わりたい!」という漠然とした考えは持つでしょうが、あまり深くは考えないと思います。

例えば、僕は字が下手なので、今後ペン習字を習いに行くかもしれません(たぶん行きませんけど)。
もし習いに行くとしたら「この人は毛筆じゃなくてペン習字の専門家なのか?」なんていちいち考えないと思います。
全然習字の世界に詳しくないので完全な推測ですけど、ひょっとしたら業界的には「ペン習字の専門家」「硬筆の専門家」「毛筆の専門家」「フリクション習字専門家」とか分かれているかもしれません。
でも、僕はそんな細かいこと気にしないでしょう。
そんな違いがあるかどうかも知りませんし、そもそも意識もしません。

・・・という、「教わる側はそこまで深く考えない」という例です。

これは英語でもたぶん一緒です。
(中級者以上だと話は変わってくるとは思いますが)



さて、突然のTOEICクラス教えてください依頼に話を戻します。

英語がちゃんとできさえすればなんとかなるとは言いつつも、

自分が受けたこともない資格試験対策クラスを持つのは恐ろしいことです。



僕の場合は、TOEFLITPを教え始めた時がそんな状態でした。


ちなみに、いまだにTOEFLITPは受けたことがないです。
社会人が受験できる場がほとんどないですしね。
東京まで遠征すれば受けられるようですが。


それはともかく、受けたこともない試験の対策クラスを大人の事情で強制的に持たされる光栄にも持たせていただくことになった場合にどうしたらいいのか。

急場しのぎではありますが、結構単純な方法で、「それっぽく教える」ことができます。

ここでいう「それっぽい」というのは、「その資格試験に詳しそう」ということです。

もちろん、初回クラスまでに時間があればちゃんと勉強するべきです。
何冊も対策書を研究したり、タイミングが合えば実際に受験するべきですよね。
その過程でその試験に本当に詳しくなることができます。

でも、「教えるクラスが来週!」というふざけた状況でも、

生徒さんから見たら「この先生、この資格試験に詳しいな!」って思ってもらう必要がある

と僕は思います。

その方が信頼が得やすいですからね。



ここで「資格試験に詳しい」という状態を、ちょっとだけ具体的にして箇条書きにしてみます。

①テストで頻出トピックをよく知っている
②テストの中で難易度の低い問題を知っている
③テストの頻出単語や熟語を知っている
④テストに使えるテクニックを知っている

このくらいでしょうか?
もっとあると思いますが、とりあえずこのくらいにしましょう。

このうち、②~④は、結構時間がかかると思うんですよ。

資格試験の「対策書」をざっと読めば、なんとなくテクニックは分かるとは思いますが、実際に自分でも問題集を解かないと、自信をもって教えられるほどの実感はわかないと思います。

でも、①だけは実際に問題集を解かなくても、なんとかなります。

急場しのぎで「それっぽく教える」なら、「テストで扱われる頻出トピック」、これを集中攻略すると楽です。

テストで扱われるトピックに精通するのは、簡単です。

模試本数冊の、長文問題(LもRも)の和訳部分をだーっと読むだけ。

数冊分長文の和訳部分を読めば、その資格試験で扱われるトピックはだいたい押さえられますし、似たようなトピックに何度か遭遇します。

TOEICだったら、「寄付が絡む話が多いな」とか。

TOEFLITPだったら、「放射性炭素年代測定の話はちょこちょこ出るんだな」とか。

こういうことがわかっていると、クラスでも「それっぽく教える」ことができますよね。


いや、「〇〇対策!」みたいな本に「頻出トピック」はリスト化されているから、それを読んでも同じなのでは?
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

実際にやってみるとわかりますが、実感のわき加減が違います。

和訳であっても実際に出題されている文章を自分でたくさん読むと、「これは頻出トピックだ」という強い実感を持つことができます。

だから「それっぽく(説得力を持って)教える」ことができるようになります。

時間があれば、自分でも英語で読んで問題も解いた方がいいですけどね、もちろん。
しつこいですが、急場しのぎの「それっぽく教える」方法です。



僕も、今後IELTSとかTEAPとか、受けたこともないようなテスト対策クラスを突然担当することになったら、模擬試験の長文パート和訳をたくさん読んでから教えることでしょう。


ちなみにこの方法、生徒さんにもネタばれ気味にちょくちょく言っています。
僕が「〇〇というトピックはめっちゃ出る」なんていうより、生徒さん自身が自分で和訳をだ~って読んでくれた方が身につくので。
なかなか実践してくれる生徒さんがいないのは、僕の伝え方がまだ上手じゃないからでしょう。。。
トークの練習せねば・・・。


That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

まずはTOEICの完走を目指してもらう

先日の記事TOEIC前日のアドバイスに「テスト萎え」っていう言葉を書きました。

「テスト萎え」っていう言葉があるわけではなく、なんとなくその表現が合ってるかなぁと思って使っただけです。



TOEIC講師や上級者でもない限り、TOEICの完走はなかなかつらいものです。

開始数十分で気持ちが折れることは普通です。

「テスト萎え」に関しては、何か対策をしておかないといけません。


もちろん「TOEICを最後まで解き切るだけの英語力をつけましょう」というのが理想ではあるのですが、まだスコア500くらいの方にそんなこと言っても、想像もできないでしょうし、違うアプローチが必要です。

そんな時に大事なのは、

テクニック(?)を使って「解ける問題だけは最後まで解く」こと

を強く説くということですね。

「TOEICって、難しい問題も易しい問題も、各所に散らばっているので、難しい問題は飛ばして易しくて解ける問題だけを解きましょう」

ってやつです。

どうやって「易しい問題」を見分けるのか、というのが授業内容になってきますね。



さて、じゃあそのテクニックがわかればTOEIC完走は可能かというと、これだけだとまだ「TOEIC完走」って難しいんですよ。

「TOEIC完走」っていうのは、なんというか、2時間とりあえず集中して解き続けることですね。

普通の学習者の方にとっては、「易しい問題だけ解き続けよう」と心では思っていても、どうしても難しい問題も目に入ってくるし、2時間耐えるのが大変なわけです。

じゃあどうすればよいかというと、

ちゃんと2時間計って、模試を解く練習をしておく

べきです。

いやいや、先に2時間で模試を解いておくなんて、当たり前じゃん!!!

って思うかもしれませんが、テストがせまっていても、予行演習をしない人はザラにいます。

本職でもなんでもない限り、TOEICに限らずそんなもんですよね。




もう何年も前になりますが、マラソンをしていた時期があります。

人に誘われて42キロのマラソンにチャレンジすることになって。

走ること自体は好きですが、遅いです。

42キロ、速い人3時間切ったりするんですよね。

僕の場合、5時間はかかります。

3~4回、フルマラソンに出ましたが、完走できなかった回が1回あります。

マラソン大会って、10キロごとくらいに関所みたいなところがあります。
そこを制限時間以内に通過しないと、バスに拾われて強制リタイアになります。
その時は途中で完全に萎えていて、歩いちゃってたんですよね。
で、バスに拾われました。

よくよく考えると、それまで数回、マラソンを完走できていたことが奇跡だなぁと思います。

だって、練習でフルマラソンを走ったことなんてないですから。

せいぜい15キロくらいです。

でもね、僕は本気で「絶対にフルマラソン、完走してやる!!」って思っていたんです。

なんだったら、「いいタイムで!完走する!」みたいに思っていたわけですよ。

でも、練習で42キロを走ったことはありませんでした。

そりゃあタイムも出ませんよ。

もし本職のマラソンコーチ(?)みたいな人が当時の僕を見ていたら

いやいや、大会前に何回か42キロ走ってないと、タイム上がるわけないじゃん

って思っていることでしょう。

でも、当時の僕には本番と同じく42キロの予行演習をしておこうという考えは思いつきもしませんでした。


気持ちとしては「がんばってる!」と思っても、素人の考えることなんてそのくらいです。

予行演習が必要だなんて、思いつかないのです。

というか、しんどそうだから、そもそもやるという選択肢を無意識に消去!!しています。



これって、TOEIC学習者の方と似ています。

僕はマラソンに向けて、10kmとか15kmとかは、結構走っていたわけですよ。

でも42キロ通しての練習はしたことがなかった。

TOEIC学習者の多くは、Partごとに問題は解くし、真剣だけど、全体を通しての練習をしないことも多い。

だから、「ちゃんと本番通りに2時間使って解く練習」が必要ということを強く訴える必要があるんですよね。
TOEIC講師的に。

2時間で模試を解いたことがないのに、TOEICで良い点数が出るわけない。

っていうのを上手に伝えるのが大事ってことですね。
(上手に伝えるって結構難しいですが)


That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

数学のお勉強

特に意識的にやっているわけではないのですが、専門外の勉強も年に1回くらいします。


最近は中学校の数学の勉強をしています。
(専門外って、ビジネスとかもうちょっと大人っぽいものじゃないのか、というツッコミはなしで)


この間は最大公約数最小公倍数を利用した計算をやったりしました。
(レベルが低い・・・)


中学生用の問題集を買って問題を解いているんですが、

解説を読んでも、理解できなかった時の絶望感がえげつない

ですね。


何度解説を読んでも、さっぱりわからないときの心細さといったら・・・。



英語を学んでる生徒さんたちもこういう気持ちになるんでしょうね。


自分が途方に暮れる学習者という立場に立って、改めて「学習者の気持ち」に気づきます。


いや、「英語学習初級者がどんな気持ちで勉強しているのかを知るために、たまには英語以外の勉強もしよう!」なんて思って数学の勉強をしたわけではないんですけどね。


今回はたまたま解説読んでも理解不能だったときの絶望感がすごかったので、記事にしてみました。



英語の先生方は理系科目が苦手なので(完全なる決めつけ)

もし「最近、TOEIC400点を目指している生徒さんたちの気持ちを汲めていないかも」と思ったら、

数学の勉強をするとその気持ちを実感できていいかもしれませんね。




That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

TOEIC前日のアドバイス

明日はTOEIC公開テストがありますね。

皆さんは、TOEICの前日にはどんなアドバイスを生徒さんにしていますか?

これ、結構困りますよね。

その生徒さんの性格とか、信頼関係とか、生徒さんの置かれている状況によって「TOEIC前日に言うべきこと」というのは変わってきます。

「状況によって言うべきことが変わる」ということは、言い方を変えると「何を言ってもいい」ということです(たぶん)。

極端な話、

「ブル先生!明日TOEICなんです!どうしたらいいですか!?」

「う~ん、そうですね、そんなことより僕に女性を紹介してください」

とかこういうことを言ってもいいわけです。



・・・


さて、僕は普段生徒さんにこう聞かれた場合、だいたいが「それまでの授業のおさらい」みたいなアドバイスをしがちです。

「Part 2は疑問詞に気を付けるんですよ。Part 6の文選択問題は飛ばしてくださいね。Part7を解く順番はちゃんと覚えていますか?」

とか、そんな感じです。
細かい内容はその生徒さんによって違いますが。

これは僕が基本マンツーマンで教えているから、ですね。
「こういうアドバイスは必要ないかな?普段レッスンで教えているし」なんて考えたこともあります。
とはいえ、どうしても普段のレッスンで伝えきれない部分も出てきますし、レッスンのおさらいをすることで、生徒さんの気が引き締まる効果もあるのでこのようなアドバイスをしています。

ただ、これ(技術的なアドバイス)に自分は頼りすぎてるな~、と思うことが最近多いです。

よくよく考えると、そんな技術のアドバイスより、

生徒さんが翌日のTOEICで実力を発揮できる精神状態を作ること

の方が大事なわけですよ。
(技術的アドバイスが、その精神状態を作る一助になる可能性もありますけど)



特に最近、自分は「テスト中に萎える」という気持ちに対して無頓着だったなぁと反省しています。

「テスト中に萎える」というのは、僕たち講師としてはあまりない(ですよね?)と思うんですが、スコアが600に達していない人たちの99%くらいに起こっています(たぶん)。

ちなみに、ここでいう「テスト中に萎える」というのは例えば、

「もうだめだ・・・よし、寝よう」みたいにPart 2を終えたくらいで思う状態

のことを言っています。いやこの例も適当ですけど。

TOEICスコアも700を超えてくると、なんとな~く英語が理解できているので、そこまで「萎える」ことはないと思うんですよ。
いや、難しくてオェって吐き気がすることはあると思いますけどね。
でもなんとかとりあえず先に進めようくらいには思える。

そうではなく、600以下くらいの人たちって、テスト開始後の10分かそこらで、「テストそのものを諦める心境=テスト萎え」に陥る人が多いわけです。

そこに対する精神面でのアドバイスが、最近自分には足りていなかったなぁと反省。


テストは最後まであきらめちゃだめだ!

TOEICはめちゃくちゃ難しいから、

わからない問題が立て続けに出てくると、あきらめたくなるけど、

絶対2時間だけは頑張ってこい!

最後まで解ける問題を探しにいけ!!

寝るな!!




みたいな、諦めずに頑張ってというアドバイスを今後していきます。




That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

子どもを教えよう

TOEIC講師になりたい、という人がもしこのブログを読んでいたら、

是非お勧めしたいのは、子どもを教える経験を積むことです。




僕は英語を教え始めた年からTOEICも教えていましたが、英会話メインではありました。

で、英会話の半分以上は子どもを教えていました。

子どもを教えると、色々なことが学べます。

詳しいことはいつかこのブログで書くと思いますけど、端的に言うと、

子どもは正直に授業が楽しいかどうか教えてくれる

ので、

自分の授業を改善しなければという危機感を強く持てます。



英語を教えて間もない期間に子供を教えることができた僕はラッキーでした。


大体があんまり講師に向いているような、話力があるタイプでもなかったんで、特に役立ちました(^▽^;)


いやほんと、最初の年とか、結構な回数

だって、ブル先生のレッスン面白くないんだも~ん

って言われました(^▽^;)

そのたびに自分のレッスン運びを見直して、

どうすれば生徒が飽きない内容になるかを考えました。


「子供を飽きさせないようにする方法」っていうのは、かなりの割合で大人にも通じるものがあります

実際、子どものためにやっていたアクテビティを大人のレッスンでやると大受けしたりします。

自分の授業の引き出しが多くなるってイメージですかね。

話すときのジェスチャーや、ビジュアルの使い方なんかも、子どもを教えている時に学んだことは多いです。




大人の生徒さんは、授業が面白くなくても頑張って受けてくれちゃいます。

もし僕が最初から大人しか教えていなかったら、と思うとちょっと怖いです。



大人を教えたい!っていう英語講師志望(TOEIC講師志望)の読者さんがいたら、

まずはいきなり可能性を狭めずに、子どもを教えることも視野に入れるといいかもしれませんよ。


That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
職業:英語講師

TOEIC 990(40回以上)
TOEFLiBT 109
英検 1級

自身の英語塾で教えたり、企業や大学に派遣されたりしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク