FC2ブログ

子どもを教えよう

TOEIC講師になりたい、という人がもしこのブログを読んでいたら、

是非お勧めしたいのは、子どもを教える経験を積むことです。




僕は英語を教え始めた年からTOEICも教えていましたが、英会話メインではありました。

で、英会話の半分以上は子どもを教えていました。

子どもを教えると、色々なことが学べます。

詳しいことはいつかこのブログで書くと思いますけど、端的に言うと、

子どもは正直に授業が楽しいかどうか教えてくれる

ので、

自分の授業を改善しなければという危機感を強く持てます。



英語を教えて間もない期間に子供を教えることができた僕はラッキーでした。


大体があんまり講師に向いているような、話力があるタイプでもなかったんで、特に役立ちました(^▽^;)


いやほんと、最初の年とか、結構な回数

だって、ブル先生のレッスン面白くないんだも~ん

って言われました(^▽^;)

そのたびに自分のレッスン運びを見直して、

どうすれば生徒が飽きない内容になるかを考えました。


「子供を飽きさせないようにする方法」っていうのは、かなりの割合で大人にも通じるものがあります

実際、子どものためにやっていたアクテビティを大人のレッスンでやると大受けしたりします。

自分の授業の引き出しが多くなるってイメージですかね。

話すときのジェスチャーや、ビジュアルの使い方なんかも、子どもを教えている時に学んだことは多いです。




大人の生徒さんは、授業が面白くなくても頑張って受けてくれちゃいます。

もし僕が最初から大人しか教えていなかったら、と思うとちょっと怖いです。



大人を教えたい!っていう英語講師志望(TOEIC講師志望)の読者さんがいたら、

まずはいきなり可能性を狭めずに、子どもを教えることも視野に入れるといいかもしれませんよ。


That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
職業:英語講師

TOEIC 990(40回以上)
TOEFLiBT 109
英検 1級

自身の英語塾で教えたり、企業や大学に派遣されたりしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク