FC2ブログ

苦手な自己紹介の切り抜け方

いきなりですが、

自己紹介がめちゃくちゃ苦手です。



初めてのクラスを教える時に、非常に困ります。

ちなみに僕が大学で教えているクラスは、

10~20回くらいの特別コースであることが多いです。





学生に信頼してもらうためにも、

自分にはこのクラスを教える資格がある

ということをしっかりと分かってもらった方がいいと思うのです。



僕の場合ですけど、

例えばTOEICのクラスを教える時は

「TOEIC満点です」

とか、

「TOEIC本の執筆に携わっています」

澤トレ表紙
(これ↑とか)


だけもんL
(これ↑)

とか伝えた方がいいと思うんです。




そうすれば受講生の子たちも多分、

そんな点数取っているなら、話くらいは聞いてやろう

本に携わってるのか、じゃあ話くらいは聞いてやってもよかろう

くらいには思ってくれると思うんです。






やっぱり初めから学生さんに信頼してもらったほうがクラスはやりやすいですし。


でも・・・

これが、できないんですよ( ;∀;)




クラスがすごく小さくて、

例えば5人とかなら、距離感も近いので問題ないんです。

「ブル先生ってTOEIC何点なんですか?」

とか、さくっと聞いてもらえることがほとんどなので、

「あ、一応TOEICは満点です」

とか言えるわけです。


一応ってなんだよ一応って

と思われる危険性はありますけど。

とりあえず自分のことは知ってもらえるわけです。




ところが、30人とか教えていると、

いきなりそういう質問をされることはまずありません。

5~6回目くらいですかね、こういう質問が出るのが。


ほんとは、自己紹介の時にバチっと伝えておくといいのだと思います。

でも・・・できないんですよね~。

なんなんでしょうね。

僕が言うと、

すごく自慢っぽくなっちゃうんです。



そういうのを自慢っぽくなく、うまく伝えられたらなぁ、と思っています。




よく考えると、もともと自己紹介自体が苦手です。

初回クラスの自己紹介って、何を伝えたらいいの?

と思っているレベルです。



僕の自己紹介がうまくない結果、

実は、かなりの確率でこんなことが起こります。


20回くらいの授業を終えた後でも、

受講生の大半が僕の名前を知らない

みたいなことが。
(それを一緒に働いている先輩の先生に、よくネタにされる( ;∀;))



先生の名前なんて知らなくても、

授業中は「先生」って呼べばひとりしかいないので問題はない。

だからこのような現象が起こります。



僕の元受講生だった学生は、

僕がいない時に僕のことを

「TOEICを教えてくれた先生」

「メガネの先生」

と呼びます。マジで( ;∀;)

(メガネの先生は結構いるんだけどなぁ・・・)


なぜ僕の呼び名が分かるというと、大学の担当の方が

〇〇さんが、点数上がったからメガネの先生に感謝してるっていってましたよ!

ブル先生のことだと思います!

とか教えてくれるからです。



いや、全然いいんですよ。

ちゃんと英語力が上がって、点数にも現れているんですから。





というわけで、自己紹介、ほんと苦手です。



さて、じゃあその自己紹介、

どうやって僕が切り抜けているのか

を書きます。



それは・・・



自己紹介を30秒で切り上げること!!

(切り抜けていない・・・っ!!)








いやでもまあ、こう考えているんです。

自己紹介の目的のひとつは、学生に信頼してもらうこと。

学生に信頼してもらえるなら、逆に自己紹介はどうでもいい。

じゃあ初回で「おお!!」と思われるような授業をすればいいわけです。

まぁ、授業が良ければ、信頼はしてもらえますからね。

たとえ名前を覚えてくれなくても( ;∀;)




最近は少しずつ「TOEICは満点です」とかも言うようになってきてますけどね。

でも、それはものすごくサラっと。

こんな感じ↓

こんにちは。今日からこのクラスを教えるブルです。講師歴は9年。TOEICは満点持ってます。あ、あと愛知出身で大学時代は関西に住んでました。海外にも1年いました。みんなよろしくね~!(早口で)

所要時間、間違いなく30秒以内。いや、20秒くらいかも。


色々な方に

「もっとちゃんと自己紹介たほうがいいんじゃない?」

「生徒さんは先生のこともうちょっと知りたいと思うよ」

と言われます。

僕も、もうちょっとちゃんと自己紹介した方がいいと思います( ;∀;)




う~ん、でも苦手なんですよ・・・。


実際、これで悩んだときに、

「自己紹介で話すこと」みたいなウェブサイトや書籍も読んだりしました。

でもやっぱりできないんです。

人前に立つとあがっちゃって。



そんなこんなで話が少し戻りますが、

今のところ僕が実践している「自己紹介の切り抜け方」は、

自己紹介を敢えて短くして、授業をしっかりやる

ことです。




こうして書いてみると、

自己紹介が苦手なのが問題なのではなくて、

「あがり症」とか「人見知り」っていうことこそが大問題


ですね。

(講師としてそれは大丈夫なのか・・・)




次回は

「あがり症」で「人見知り」の僕が、どうやって初回授業を切り抜けているか

について書こうと思います!



That’s all for today!!


応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
職業:英語講師

TOEIC 990(40回以上)
TOEFLiBT 109
英検 1級

自身の英語塾で教えたり、企業や大学に派遣されたりしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク