お金を使おうよ

英語を教えていると、

教材にできる限りお金を使いたくない

という人が、相当な数いる ことに気付きます。


いや、わかるんですよ、気持ちは。

もちろん、お金を使わずに英語力やTOEICスコアを上げることができたら、
お金を使って英語力やスコアを上げるよりいいでしょう。

それに

「お金をかけずに英語力をアップしよう」

みたいなキャッチフレーズは多いですし。


ネットが発達した今、お金をかけずに英語力を向上させることが可能になった!

みたいな風潮があるような気もしますし。(あるかな?)


僕の前のブログでも、

「お金なんてかけなくても英語力アップは可能だ!」

とかどこかの記事で言っているような気もします。


色々なメディアから、「お金をかけない英語力上達の方法」という情報が流れてくるので、

なんとなく

お金をかけて英語の学習をするのはバカがすること

くらいに思えてしまうこともあります。(僕自身も)


でも冷静に考えると、

かけるお金の額が大きいほど英語力は上がりやすい

ですよね。




わかりやすい例は、留学。

200万円くらい?かけて、1年留学したら、ちゃんと英語力はあがりますよね。

留学したら英語力が自動的に上がる、というわけではないけど、日本にいるよりも英語力はあがるでしょう。

1年と200万円かけて、英語が苦手だった人がそこそこ読めて話せるようになるんだったら、それはアリかもしれません。

この辺は、価値観によるかもしれませんけど、僕はアリだと思います。

もっとも、国内だけでお金をかけずに英語力アップをさせることができる人もいるので、そういう人には必要ないとは思いますけど。
(国内でお金をかけずに英語力アップさせることができる人は、極めて努力家)



例が留学という極端な話になりましたけど。

最近でいうと、

オンライン英会話は、お金をかける価値があるんじゃないですかね。

僕も年に2カ月ずつくらいやっています。
(あ、今年はまだやっていない。やろ。)

大きいところだとDMM英会話とか、レアジョブとか有名ですね。

1か月毎日25分、マンツーマンで話して、6000円くらい。

1年やったら(月6000円だとして)72000円。

72000円で25分×365日=9125分=約152時間も英会話できる。

152時間英会話ができるっていうことは、

約19日間、毎日8時間分英会話をするのと同じです。
(しかも、マンツーマンで)

え、これで72000円?

改めて、安いですね(笑)安すぎる(笑)
(値段は大体ですよ)

もはや、やらない理由が分からないレベルです。

僕のやってるスクールは50分で6000円なんで、比べてみるとあり得ない安さ。
(うちのスクールが高いわけではない、というかむしろ一般的には安めなんですが(笑))


生徒さんにも「オンライン英会話はめっちゃお勧め!」って言ってます。


これもお金を使った方がいい例。




あとは、本なんかもそうですよね。
(そうそう、今日この記事を書こうと思った本題はここから)



学生と話をしていて、教材を勧めたりするんですけど、

でも最後までやらないかもしれないしもったいない

家に昔買った教材があって、もったいないから使いたい

って言われることが多いんです。


この場合、僕はここまでに書いたようなこと(留学とかオンライン英会話とか)と結びつけて、

英語の教材にはお金をつぎこんだほうが、英語力が伸びやすい

ということを理解してもらうようにしています。
(一応、常識的に考えて高すぎる教材は買っちゃダメ、くらいは言いますけど)










テキスト、すでに持っているものがあるから使いたい?

いやいや、そのテキストじゃあモチベーションが上がらなかったから使わなかったんだよね。

もう一回やり直そうとしても、多分モチベーションが上がらないから、続かないし、英語力上がらないよ。




買ってみて、最後までできなかったらもったいない?

いやいや、気に入らなかったら最後までやらなくても、どんどん次のテキストを買えばいいよ。

本なんて1冊せいぜい2000円くらいでしょ?

10冊買っても2万円。

とにかくテキストどんどんやってみて、自分に合わなそうならすぐ次のテキスト、ってやっていれば、

10冊買うころには自分に合うテキストが1冊くらいは見つかるよ。

その1冊をしっかりやれば、2万円くらいの価値は余裕であるでしょ。


学生だと、TOEICの点数とかで就職先の選択肢が変わったりするし、2万円なんて本当に安い。

1年で10万円くらい教材に使っても、まだまだ全然安い。将来稼ぐ額が変わるからね。

10万円、教材に費やして3~4冊自分にピッタリのものが見つかって、それを使い倒して英語力が上がるんだったら、全然いいでしょ。

しかも、そんだけたくさん教材を買ったら、徐々に「自分に合う教材の見極め方」もわかってきます。これも良い勉強。








英語力を上げるには、確かに数冊をみっちり使い倒した方がいいです。

これは結果論であって、普通はその数冊に出会うためにお金をたくさん使う必要があります。

1冊目が自分にぴったりの本である確率なんて低いですからね。

たくさん買って、自分に合う本を見つけて、英語力を上げましょう。

だから、お金は使ったほうがいいよ。

今かける十万円かそこらで、生涯年収が1千万単位で変わってくるかもね。


僕の生徒さん(特に大学生)には、こんな話をしています、という話でした。

(あ、あと、学生には「2万円くらい、親にねだりなさい!英語の教材に使うって言えば、出したくない!って思う親はいないから!」って言ったりしてますね、ということも書いておこう)




(途中から読者の方向けの文体と学生に話してる時の文体とごっちゃになったけど放置・・・)





That’s all for today!!

応援のクリック頂けると嬉しいです(^^)/

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
職業:英語講師

TOEIC 990(40回以上)
TOEFLiBT 109
英検 1級

自身の英語塾で教えたり、企業や大学に派遣されたりしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク